必見!トイレの詰まり解消方法をお教えします。

トイレ詰まり 事前対処方法

最近のトイレはウォシュレット付きが多いですよね。これは当然お尻を清潔にすることが大前提でありますが、他にもトイレットペーパーの使用量を少なくしてエコ化を図る目的もあり、それによる一回の水の使用量を減らす意図もあるようです。しかしながら、以前のトイレのようにトイレットペーパーをたくさん使うとトイレ詰まりの原因になります。そこで事前対処方法としては上記内容を覚えておくことと、トイレットペーパーを一重巻きのものに変えるなどの対応がベストかと思います。

トイレ詰まりが発生、個人対応方法。

新しいトイレの知識があり、事前対処方法を講じたとしてもトイレ詰まりが発生することがあります。例えば子供がイタズラでトイレットペーパー以外のものを流してしまったり。そこで登場するのが、小学校などで見た事がある先に吸盤のようなゴムがついた棒(以後ラバーカップ)です。とは言っても常備している家庭は少ないでしょう、ホームセンターなどで購入できます。このラバーカップの使用方法は詰まった配管口部分に当てて引き上げる事により異物の引っ掛かりを無くして流してしまう訳ですが、ここでのコツとしては、配管口に当てる際に勢いよく押し当ててより空気を無くして引き上げる時の力を多くすることをお勧めします。

やっぱりプロにお任せ!

事前対処、個人対応、できる範囲はやったけどなおらない、また個人対応が面倒くさい方は、やはりプロにお任せするのが一番でしょう。インターネットですぐに業者は見つかりますし、トイレ詰まりはいつ起こるかわからないものなので、土日や時間帯関係なく、24時間対応が当たり前になっています。トイレ詰まりの発生場所(家の住所)にもよると思いますが、呼べば30分程度で到着し、作業としては15分もあれば終了します。気になるお値段てますが、ちょっとお高め?の約8000円前後は掛かると思います。

トイレやキッチンが詰まってしまって、流れない時には水道工事の会社に相談しましょう。プロに任せれば、すぐに直ります。