トイレ詰まりは何故起こる?詰まる理由とそのプロセス

トイレ詰まりはどうして起こってしまうのか?

不意に起こってしまうトイレの詰まり。とても厄介ですが、場合によっては全く身に覚えが無いのに、これに見舞われてしまうことがあります。トイレ詰まりが起こる原因は主に、流してはいけない物を流してしまった場合、多量の汚物とトイレットペーパーを流してしまった場合、トイレの水流が足りなかった場合の三点に大別されます。どんなに小さな物でもトイレに流してはいけないと言われる物を流してはいけませんし、エコのためと言って貯水タンクの水を減らしていては、必ずどこかでトイレ詰まりに襲われます。また、汚物やトイレットペーパーが多くなりそうなら、小出しにして流すということも重要です。

トイレ詰まりが起こるプロセス

トイレの主体である便器の内部構造は、概観から想像できないほど複雑です。さらに和式トイレよりも洋式トイレの方がより複雑になっているため、圧倒的に洋式トイレの方が詰まりやすいと言えます。トイレの内部は汚水・悪臭の逆流や便器への虫の侵入を防ぐため、排水路が細くうねったように配置されています。ここに汚物やトイレットペーパーなどの物が留まってしまうと水の流れが悪くなって、より一層貯まっていって固まりになってしまい、これに水流による圧力がかかることでより固い詰まりになってしまうのです。

何が原因で詰まっているのかを見極めて対処する

トイレの詰まりは、上述のような過程により惹き起こされるのがほとんどです。こうした詰まりはラバーカップを使用したり、便器にお湯を注ぐことでほとんどの場合は解消できてしまいま。しかし、発生頻度としては多くありませんが、便器や排水管の破損などにより起きてしまう場合もあります。こうした原因の場合は、専門の業者を呼んで修理してもらわなければなりません。トイレが詰まった場合は、まずどこがどのような原因で詰まったのかを推定してから、その対処方法を考えましょう。

衛生設備の水漏れが多い箇所としては、配管同士を繋ぎ合わせる部分や、水栓金具の取り付け箇所などが多く、パッキンの劣化によるものも多いです。