社内コミュニケーションを円滑する為の三か条とは!?

合言葉はホウレンソウ!

仕事で大切なのは、一緒に働いている人とのチームワークです。他の人の助けなしに自分ひとりでは仕事は出来ませんよね。その為には俗にいうホウエンソウ(報告・連絡・相談)が必要で、それは具体的に言うと業務がどこまで進んでいるかなどの報告、どこに何をしに何時に帰ってくるのかなどの連絡、仕事で行き詰ってしまった時などの上司への相談です。特に仕事の相談は、自分1人で悩みをかかえていても前に進まず、何の解決にもならないので、上司に早めに相談し適切なアドバイスを受けましょう。このようなホウレンソウを続ける事によって周りとの信頼関係も生まれ、仕事もやりやすくなるでしょう。

元気な挨拶を心がけよう!

挨拶は社会人としての大切な基本です。時々全く挨拶をしない人を見かけますが、そのような人達が普段普通に接していても良くない印象を与えてしまうので、最低でも出社時には「おはようございます」、帰社時には「お先に失礼します、お疲れ様でした」と大きな声で毎日言うように心がけましょう。その時は、ただ挨拶するのではなく相手の目を見て笑顔で挨拶する事がポイントです。そのような挨拶を続ける事によって、あなたの周りから見る評価はかなり上がるでしょう。またそれに加えて勤務中社内の人とすれ違った時には「おつかれさまです」と声をかけたり、外出する社員に「行ってらっしゃい」や「お帰りなさい」と声をかけたりするなどするとより一層良いでしょう。

仕事以外での交流の場を持つ!

プライベートと会社を、きっちり分けている方には面倒くさい行為かもしれませんが、時には会社の飲み会や食事会に参加し交流を深める事も大切です。そのような会に参加する事によって仕事をしている時とは違う相手の以外な一面が見られるかもしれません。仕事以外の話をして、お互いどういう性格の人間なのかという事が把握できれば親近感も湧き、仕事もスムーズにしやすくなるでしょう。特に飲み会はお酒の力もあり、心がオープンになり本音を開きやすくなるので効果絶大ですよ。

大地震発生時や、落雷などが起きた場合は停電になるケースが多く、BCPを確実に組んでおく必要があります。事例としてはガスコージェネレーションシステムを導入することで、電気が供給されない場合に非常電源として活用できるシステムを導入することは事業継続性において重要となります。