トイレ詰まりの原因と解消法を考えてみよう

水洗トイレの利点とは

過去のトイレというのは後方に穴があいているトイレが一般だったのですが、1980年代において外国からの移住者が徐々に増えている背景を機に水洗トイレに切り替える家庭が多くなっていったのですよね。この水洗トイレが現在の主流となった理由には衛生面の向上であり、これまでの穴式のトイレの場合穴から臭いを発してしまうため虫が寄ってきてしまうデメリットがあったのです。そこで水洗トイレにすることによって臭いが出ないのと、流す部分に水をためておくことによって虫が下水から寄ってこない利点によって現在ではどの家庭でも水洗トイレにしているのです。

水洗トイレの特徴が詰まりを発生させる要因となる

虫や衛生面の恒常性から水洗トイレが一般化したのですが、その半面として多くなってしまったのがトイレ詰まりです。このトイレ詰まりの原因としては水をためておく管が曲がっていることが理由として挙げられるのですよ。もともと本来水をためておくことで臭いの分散や虫が這いあがってくるのを防ぐのですが曲がっている管の状態が細いことによってトイレットペーパーを使いすぎたりまた剥がれた水赤などの汚れが蓄積するとつまりの原因になります。

つまりを解消するにはどうしたらいいのか

一度トイレが詰まってしまうと水が流れないため使えなくなってしまうことから、このトイレ詰まりの対処法を知っておく必要があります。基本的にトイレつまりの原因は管に溜まったごみが原因であることが多いので、この管の部分に対して様々なことをすると良いのですよ。まず市販で髪や老廃物を溶かすような液剤や錠剤をトイレの水に入れた後に、水洗トイレの流す力を最大にして流すという方法があります。そしてしはんされている曲がっている管を通って掃除できる道具があるので、それで汚れを掻きだすか押し出すことよってトイレつまりを解消することができます。

もしも排水詰まりなどの不具合が生じたら、ただちに対策を取るべきです。水道修理を行う業者に連絡を入れて、早めに工事をしてもらいましょう。