倉庫の意外な人気が高まっている!?何に使うの?

倉庫は物をおいておくだけではない!

倉庫といえば殆どの人が用途として何を考えるかというと、まず「商品や用具、原材料などを保管する」ということになるでしょう。もちろんそれは間違ってなく、港沿いや郊外など運輸面の便が良かったり、都心と比較して土地代が安いところにある倉庫などは今もそうです。工場のそばにあるものなどもそうでしょう。大きくて天井が高く物をいっぱい置ける事こそが倉庫の求められる役割です。しかし今倉庫に意外な注目を注いでいる人達がいるのです。

倉庫は最高の撮影ロケーション!

倉庫に集まる注目、それは撮影を行うスタジオとしての役割です。倉庫は基本的にはあまり人っけがなく、暗くてひんやりとしているため、非日常感を醸し出したり、犯罪を行う場所としてある意味撮影に用いるには絶好の場所なのです。特に今とみに増えているコスプレイヤーの人たちは倉庫で撮影会を開催したり、自分たちで営業外の時間にレンタルを行ったりして倉庫を撮影の背景として重宝しています。特に交通の便が良い都心にある倉庫は撮影依頼が殺到しているそうです。

なんで倉庫でコスプレを撮りたいの?

コスプレイヤーたち、特に若い女性が好む作品は多くはイケメンが戦ったり、友情を築いたり、でもちょっとダークな雰囲気を持つ作品が多かったりします。また特殊効果として血糊を使ったり、スモークを炊いて雰囲気を出したりといった撮影も最近増えています。通常のスタジオですとそのような事をすると汚れてしまうので禁止だったり、原状回復が大変だったりします。でも倉庫ならば元々ある程度汚れていたり、多少汚れても想定内ということで規制が緩かったりします。(もちろん非常識な使い方は厳禁です)ですので、暗闇の中で血糊を使った撮影がしたい、牢獄にとらわれているようなシーンを撮りたいという人には簡単に最高のリアリティが出せる撮影場所なのです。

倉庫は大量の荷物や資材を保管するのに適していますが、築年数が長い物件は建物に傷みが生じている可能性があります。保管している荷物が損傷する可能性があるので、建物に不具合がある物件の利用は避けます。