代理店として独立する際に必要なスキルとは

商材に甘んじてはならない

独立や起業をする際に、最初に躓くのが商材です。というのも、せっかく独立や起業をしたところで商材に魅力がなければなかなか売れずに、会社そのものが運営していけなくなってしまうためです。ところが代理店として独立・起業をするならば、世間的に信用を得ており、知名度の高い商材を取り扱うこともできるために、商材で困ることはありません。ですが、商材が有する人気や認知度に甘んじていては売れるものも売れないので、自ら率先して営業をしていく努力が必要なのです。

地域によってニーズが異なる

例えば求人広告の代理店を行うとしても、そもそも営業に行くべき会社やお店の数が少なければ、なかなか数字を積み重ねることはできません。つまりはよりニーズの高い地区で商材を売り込んでいく事が求められるのです。いくら知名度が高く人気のあるものであろうと、必要としてくれる消費者がいなければ売れないのです。そのため、どこに売るのか、ということは非常に重要なポイントとなってくるのです。そうなりますと自ずとオフィスを構える場所も決まってきます。

どう売っていくのかを考える

同じ商材を取り扱っている代理店は多くあります。中には同じ地区内で数字を争っている場合もあり、そうなってきますと商材の魅力だけでは売ることができません。何かしらの付加価値を付けることができれば差別化ができるのですが、代理店となりますと商材の割引や特典の付与などが難しくなりますので、代理店が独自にサービスを追加したりする必要があるのです。例えば手厚いアフターフォローであったりとその手法は様々ですが、代理店同士でシェアを奪い合うためには差別化が必要になります。

昔は官公庁の仕事は、ほとんど正規職員が行っていましたが、徐々に、掃除や電話交換といった仕事が、民間業者に業務委託されるようになり、最近では、窓口や案内業務も、民間業者が委託されるようになりました。